FXGiantsガイド – コモディティトレーディング: 知っておくべき基礎知識

FXGiants - Commodities Trading

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

 

 

小麦、トウモロコシ、大豆などのコモディティは、現在グローバル市場で最も有望視されている投資商品の一つです。コモディティは、世界中で使用されているため、需要の高い価値ある商品です。コモディティ市場は、様々なブローカーを通してオンラインでアクセスすることができます。

 

ほとんどのトレーダーは、コモディティの現物を売買せず、決まった価格で未来の期日に売買する契約、先物取引でコモディティを取引しています。

 

ほとんどの場合、トレーダーは現物のコモディティを保有したくないので、受渡日より前に商品を売ります。これは、価格の動きに賭けているだけという事を意味します。ロング(買い)ポジションは、トレーダーが価格が上昇すると予想していることを意味し、ショート(売り)ポジションは、価格が下がると予想していることを意味します。

 

例えば、4月に小麦を1ブッシェル$10で買う契約を結んだとすると、$10より小麦の価格が上がった場合、利益を出すことができます。逆に、価格が$10より下がった場合は、損失となります。

 

コモディティ取引の基本情報:

 

  • 最も一般的に取引されている農産物のコモディティは、トウモロコシ、大豆、小麦、オート、米、コットンです。
  • 取引は、ブローカーを通してか、オンライン取引システムから行えます。
  • 契約を結ぶには、通常トレーダーは、契約の価値の一部金額を証拠金として納める必要があります。これは、マージンバイイングとして知られ、最低額は様々です。例えば、トウモロコシの契約を結ぶには$1,000程になりますが、Standard & Poor’s 500のコモディティ契約は$10,000程になります。
  • 商品の価格が著しく下がった場合、契約を保持するために証拠金を増やす必要があります。
  • 利益が出るか、損失を出すかはどちらに商品の価格が動くか、トレーダーがロングポジション・ショートポジションどちらを保持しているかによります。
  • 商品が特定の価格に到達した場合に損失を制限できるオフセット注文をすることによってエクスポージャーを最小限にすることもできます。オフセット注文でカバーされない損失を出すのを防ぐために、急激な価格の動きがないかをモニターすることも非常に重要です。
  • コモディティを取引するのに、先物契約を結ぶことは必須ではありません。上場投資信託には、先物取引のリスクも報酬もなく、さまざまな商品の動きを真似する問題があります。

 

取引したいコモディティは何ですか?下記のコメントボックスに是非コメントしてください。

More To Explore